札幌北斗高校について

施設・設備

施設・設備のご紹介

明るく清潔感ある校舎、教室は冷暖房完備。アクティブな活動からクールな活動までの可能空間。

平成29年、新校舎完成。
新環境での「札幌北斗高校」がスタートしました。

創成川をはさんだ東西南北は、古くから大学、高校が集まる文教エリアとして知られています。札幌北斗高校は90年近く、その一翼を担って発展してきました。
現在の充実した教育施設・設備を、さらに未来を開くことができる内容に一新すべく、平成27年より新校舎の建設を開始しました。
平成28年8月に新しい教室棟が、翌29年秋に付属棟が完成し、新校舎への完全移設を迎えます。生徒たちが快適に、かつ集中して勉強や学生生活に挑むことができる、道内屈指の環境を整えました。
生徒たちの成長を支えるアイディアと想いを盛り込んだ新校舎で、新たな歴史を紡ぎます。


エントランスから続く「きらぼしホール」は2階までの吹き抜けになっています。コンビニ風の売店がある、自由空間です。

教室も一新。内装から照明、空調まで、学習に適した環境づくりを目指しました。

教室-2

職員室も開放的にしました。先生に話しかけやすい雰囲気が自然に生まれる空間です。

理科室や被服室、図書室も新しくなり、学習に必要な機材も配備しました。

情報教室は2部屋で情報の授業が展開されます。「メディアラボ室」では情報以外の授業の他、アクティブラーニングなど多様な活用が目指されています。

プライベートボックスを備えた廊下も快適です。

本格的な茶室に「女学校」の伝統が引き継がれています。

茶室-2

充実した調理室で実習が行われています。

調理室-2

設備の整った福祉実習室があります。

広くておしゃれな女子トイレも隠れたこだわり。

もちろん男子トイレも刷新しています。

体育館 舞台控室も完備。2階にはギャラリースペースがあります。

サブアリーナ(講堂兼体育館)は2017年秋に完成しました。

柔道場も2017年秋に完成しました。

樽川にも本校専用のグラウンドがあります。(1万1千坪、石狩市樽川6条1丁目1)